月別アーカイブ: 2018年11月

PEACH LIVEvol.15 に掲載されました。

この度 PEACHさんが発行する。

PEACH LIVE  vol.15に掲載して頂きました。

勝手ながら弊社の部分だけ掲載しました。

MEETS THE LOCAL STARS -泉佐野市のみらいをつくる、4つのもの・ひと・こと-

PICKUP / VOL.15 大阪

関西空港のお膝元、大阪・泉佐野市。昔から商業が盛んなこの街ならではの魅力にあふれるプロダクトを全国に発信して、地元を盛り上げているスター達をご紹介。自慢の品を作り出している人たちの想いや取り組みとは。

濃厚なかにの風味が堪能できる!わたりがにひとすじ割烹松屋のかにめし

日本で唯一、わたりがにを専門に扱う老舗割烹「松屋」の看板料理といえば、こちらのかにめし。新潟産のコシヒカリに三陸産の昆布と枕崎の鰹節でとった出汁とわたりがにから出る濃厚な甘味の出汁が加わり、風味豊かな炊き込みご飯に。

 

作っているのはこの人
割烹 松屋 濱田憲司さん

泉佐野市で創業して来年で55周年を迎える「割烹 松屋」は、日本で唯一わたりがにを専門に扱う老舗割烹店。お造りや塩焼きなど、わたりがに本来の香りや濃厚な味を堪能できる料理が楽しめる。

「昔は20〜30倍の収穫量があり、とても身近でしたが今は希少な存在。だから一日5組限定でやっています。ご年配のお客様がお孫さんを連れていらして『昔はよく食べていたんだよ』と、会話のきっかけが生まれることも。わたりがにを通して、お客さまの心が豊かになるひとときを提供できるお店でありたいと思いますね」。

割烹 松屋
住所:大阪府泉佐野市市場東2-312-3
電話:072-462-3740
営業:12:00~14:30(LO14:00)、17:30~22:00(LO21:30)15

PEACH LIVEに掲載されました。

この度 PEACHさんが発行する。

PEACH LIVE  vol.15に掲載して頂きました。

勝手ながら弊社の部分だけ掲載しました。

MEETS THE LOCAL STARS -泉佐野市のみらいをつくる、4つのもの・ひと・こと-

PICKUP / VOL.15 大阪

関西空港のお膝元、大阪・泉佐野市。昔から商業が盛んなこの街ならではの魅力にあふれるプロダクトを全国に発信して、地元を盛り上げているスター達をご紹介。自慢の品を作り出している人たちの想いや取り組みとは。

濃厚なかにの風味が堪能できる!わたりがにひとすじ割烹松屋のかにめし

日本で唯一、わたりがにを専門に扱う老舗割烹「松屋」の看板料理といえば、こちらのかにめし。新潟産のコシヒカリに三陸産の昆布と枕崎の鰹節でとった出汁とわたりがにから出る濃厚な甘味の出汁が加わり、風味豊かな炊き込みご飯に。

 

作っているのはこの人
割烹 松屋 濱田憲司さん

泉佐野市で創業して来年で55周年を迎える「割烹 松屋」は、日本で唯一わたりがにを専門に扱う老舗割烹店。お造りや塩焼きなど、わたりがに本来の香りや濃厚な味を堪能できる料理が楽しめる。

「昔は20〜30倍の収穫量があり、とても身近でしたが今は希少な存在。だから一日5組限定でやっています。ご年配のお客様がお孫さんを連れていらして『昔はよく食べていたんだよ』と、会話のきっかけが生まれることも。わたりがにを通して、お客さまの心が豊かになるひとときを提供できるお店でありたいと思いますね」。

割烹 松屋
住所:大阪府泉佐野市市場東2-312-3
電話:072-462-3740
営業:12:00~14:30(LO14:00)、17:30~22:00(LO21:30)

お待たせしました。ようやく内子が前回です。2018/11/25

皆様、大変お待たせいたしました。

わたりがにのメスに

ようやく内子が入ってきました。

昨年より少し遅かったようです。

今年はタコが少ない分

わたりがには例年より多いような

予感がします。

今年の初めはわたりがにの

値段が3倍にも高騰し大変でした。

わたりがにバブルでありました。

今年はそんなことのないように

健全な値段帯になってほしいです。

 

先日、内子の入ったわたりがにを

試食しましたら、久しぶりの

メスガニの内子に感動しました。

懐かしい味です!

結構予約が入っていますので

わたりがにの仕入れの関係上

一日5組としていますので

お早目のご予約がよろしいかと

存じます。

念のためにお知らせします。

割烹松屋 濱田

「名物ワタリガニ割烹 SNS通じ復活期す 大阪」毎日新聞

今日、毎日新聞のネットニュースで

取り上げて頂きました。

又新しい試みです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「名物ワタリガニ割烹 SNS通じ復活期す 大阪」

毎日新聞2018年11月17日 11時04分

(最終更新 11月17日 11時16分)

 

 

ワタリガニ料理を味わう森田力さんを写真に収める

インスタグラマーの妻帆七美さん

9月の台風21号で被災し、

一時閉鎖を強いられた関西国際空港。

その対岸にあるワタリガニ料理専門店

「割烹(かっぽう)松屋」(大阪府泉佐野市)が、

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を

通じて観光客を呼び戻そうとしている。

同店では台風による停電で、いけすのカニ200匹が全滅。

「インスタ映え」する自慢のカニと、インスタグラマーの

情報発信力を借りて、泉州名物の復活を託す。

 

「これもカニさん?」。今月7日夜、

横浜市の森田力さん(37)一家が同店に招かれ、

初めてワタリガニを味わった。

塩焼きや3色のソースで彩られた甲羅揚げに、長女(3)が目を丸くする。

 

カメラを構える妻帆七美さん(30)はインスタグラムに旅先の写真を投稿し、

フォロワーは1万人を超える。カニづくしのコースを堪能し

「粉もんのイメージの大阪に、こんなローカルな

ごちそうがあることをSNSで伝えたい」と笑みを見せた。

 

大阪湾のワタリガニは泉州名物。濃厚な味が特長で、

秋のだんじり祭のごちそうだ。味が落ちやすいため、

大将の浜田憲司さん(57)は鮮度にこだわってきた。

懐かしい味が愛され、来年、創業55年を迎える。

 

台風が襲ったのは、市場での材料選びから体験できる

訪日客向けのコースに、香港や台湾から客が来始めた頃だった。

強風で電柱が倒れ市内全域が停電。

いけすの水温管理ができず、だんじり前に多めに

仕入れたカニ200匹は翌朝、全滅していた。

 

「こんな時こそ、新しいことをしてみないと」と、浜田さんは言う。

平成の不景気に、女性の心をつかむおしゃれなカニ料理を

生み出して乗り切った経験があった。

関空が拠点の格安航空会社ピーチ・アビエーションに協力してもらい、

SNSで発信力がある利用客を招待していくことにした。

 

年末に向け、赤い卵を抱えた雌が旬を迎える。

浜田さんは「泉佐野のまちが元気になっていっていることを、

たくさんの人に知ってほしい。

『また来ます』の言葉が何よりうれしい」と話した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御読み頂きましてありがとうございます。

割烹松屋  濱田

第一号就任記念 割烹松屋の「アンバサダー」

先日から楽しみにしていました。
東京からご来店頂いた
「MORITAファミリー」
30代のご夫婦と3歳の女の子が
割烹松屋の「アンバサダー」として
ご来店頂きました。
そう松屋の応援団です。
ほぐし身サラダの宝箱
わたりがにの塩焼き
甲羅揚げなど色々と旬の
お料理を食べて頂きました。
 
わたりがには身がしにくくて
小さくて上海がに?
そしてパスタの上の甲羅?って
いうイメージだったそうです。
大きさにびっくりされて
食べて又驚かれました。
「想像以上に美味しく感動しました。
身が繊細なのに味は濃厚でした。」と
ご主人の感想。
 
3歳の娘さんは「かにおみくじ」に
夢中でした。
奥様もニコニコで笑顔の
素敵な方でした
「本当に楽しい時間になった
幸せすぎました~!」と
喜んで頂きました。
 
また春にはお会いしましょう。
今後ともよろしくお願いします。
 
   割烹松屋  女将

わたりがに。年末のご予約はお早めに。

皆様お元気でいらっしゃいますか?

今年も慌ただしくなってきました。

年末の予約もぼちぼち入ってきました。

もう年末モードに入ってますね。

今年の年末も1年の締めくくりとして

美味しいわたりがにを仕入れて

お待ちしています。

そこでお願いです。

ご注文の蟹を確保しないといけませんので

年末のご予約はお早めに頂けますように

お願いいたします。

今年も1日5組限定ですので

ご了承ください。

 

割烹松屋  濱田