わたりがに専門店でわたりがにをご堪能ください!

ENGLISH

中文

オンライン予約

「わたりがに」って小さくて食べるところが少ない…

皆様に”わたりがに”の印象をお尋ねすると…

  • 出汁を取るカニですよね
  • パスタによくのってるけど、身がないよね
  • 小さいので食べ応えが無い

全国唯一の専門店がご案内します。わたりがにの実力を

大きさ
大阪湾のワタリガニがなぜ美味しいか…
その理由は、深さにあります。水深25M~30M底にいるというのが大事なのです。 浅場にいるかにには無い旨味があります。 網で獲るかには基本的に美味しくありません。 大阪湾の泉佐野沖から岬町沖までには、大きなくぼみがあり、底に住んでいる わたりがには最高に美味しいのです。しかし、釣るのが難しくどの漁師さんにでもできるわけではないそうです。 昔はあれほどたくさん取れましたが今では年々減少しているようで、先々獲れなくなるかもしれません。

わたりがに刺身

わたりがに

市場に流通するものは300g前後が主流。
松屋では500g~600g、大きいもので700g~800gのものになります。

希少性
365日、毎日3回、水槽のわたりがにをチェックしなければいけません。
死んで30分すると本来の旨味が全て無くなってしまいます。
更に、毎日20匹~30匹のカニが死んでしまいます。
チェックを怠ると一銭の価値も無くなる事から、専門店が無いのでしょう。

わたりがにのセリ

わたりがに料理

5匹のわたりがにに約10時間。
取れる数も少なくなり、手間もかかり・ロスも多い。

オスとメス
わたりがには、オスとメスが存在し、時期により変わります。その醍醐味は全く違い、それぞれの愉しみがあります。その特性に合わせて料理を変えておりますので、是非2度愉しみにいらしてくださいませ。

雄 「オスのカニの美味しさが本来の醍醐味や!!」身詰まりがよく、大変濃厚なのが特徴。

雌 「なんといっても内子!」とろりとした赤い雲丹に似ており、雲丹より更に濃厚な味わい。