希少な蟹ゆえ「次回予約」のおしらせ。


 

◎ 御贔屓様に松屋からお知らせです。

私たちは珍しいわたりがに専門店として
半世紀以上がたちました。
お客様に美味しい上質のわたりがにを
食べて頂くために日々
天候や季節などを考慮しながら、
仕入れをしています。

わたりがには繊細で上品な、
焼くことでさらに身が濃厚で甘くなり
蟹の中では群を抜いて美味しい蟹は
ないと自負しています。

わたりがにはとても繊細な蟹で、
毎日20匹以上の蟹が弱ってしまいます。
弱っている蟹を見つけて蒸せば、
美味しく食べることができますが、
死んで30分以上たてば、
身が腐食し処分とだめなんです。

そのために毎日必ず一匹づつチェックし、
塩分濃度や水温、水の透明度など
きっちり見ています。
休日であっても手を抜けません。
わたりがにはとても手間の掛かるかになんです。
一匹一匹愛情をかけて蟹を生かしています。

近年わたりがにの獲れる量も
年々減少しています。
後、数年すれば、わたりがには本当に
食べれなくなるかも知れません。
オスやメスの違いもありますが、
難しいことですが、その日の一番身詰まりの良い
上質な蟹を仕入れ提供させて頂いています。
本当に上質なわたりがにを食べて頂くのも
難しくなってきます。

今までは大阪湾産一本で営業してきましたが、
日本全国の上質な蟹を
使わせて頂く日も長くはないと感じています。
大分県、山口県、岡山県 香川県
富山県など、わたりがに繋がりで
各産地の方とも連携し協力して頂いています。
全国の今一番美味しいわたりがにを
食べていただく日もまもなくです。

風が吹いたり時化が一週間続くと漁には
いけないので蟹の仕入れもできません。
時化が多い冬場では蟹を仕入れることも
大変で、病気になる位気を使います。
今では、上質なわたりがにをご用意
できるのも1日5組限定でぎりぎりです。
今までご来店して頂いたわたりがにの
お好きなお客様には優先的に大きな美味しい
かにをお客様に食べて頂きたいので、
「次回予約」をおすすめしています。

特にいつも混雑して予約が取れない日があり、
ご迷惑をおかけする年末年始から春
先までは、わたりがにが好きな常連さんや
支持していただくお客様には、
お店に来店して頂いて、次のご予約を
受けさせて頂いています。
はじめた当初は、心配していましたが、
良いサービスだと利用していただくお客様
が意外と多かったのには驚きました。
逆に、「まだ分からない」と言われる方や、
「予約した日にを忘れてしまう」と
言う方がおられました。
今回のサービスは、
キャンセルをして頂いても結構です。
予約の3日前にはお店からご連絡も
させて頂きますので、次回予約して頂いた
お客様にも喜んで頂いています。

勝手なこととは存じますが、
お客様も安心してスムーズに旬の
おおぶりなわたりが
にを食べて頂き、
私たちも希少なわたりがにを
無駄にすることなくお客様に提供
できることが何よりも嬉しく思います。
それと同時に日々努力をされている
漁師さんや魚屋さんにも喜んで頂きたいと
いう想いもこめて実施いたしました。
賛同頂ける方は是非「次回予約」を
ご利用してみてください。

わたりがにひとすじ 割烹松屋
濱田憲司

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です